片思いLINEの未読・既読スルーの対策とは?返信が返ってこないと悩む女性必見!

片思いの彼にLINEをしたとき、いつ返信がくるのかと携帯チェックばかりしてしまいますよね。しかし待っていても返信がなく、頭を抱えてしまう女性も多いでしょう。

LINEが未読・既読スルーになってしまうと、次の一歩を出すことができません。そのまま彼への恋心を諦めなければいけない事態になってしまいます。

彼が未読・既読スルーをしたときは、その心理を探りましょう。そのうえで対策を講じることで、未読・既読スルーからの逆転を狙うこともできるのです。

彼は何を考えているの?
無視されているのに何をすればいい?

今回は、片思いLINEの未読・既読スルーの対策について紹介します。悩んで諦める前に、もう一度彼を振り向かせるために恋の罠を仕掛けてみてくださいね。

とその前に…LINEの片思い相談なら【LINEトーク占い】

LINEトーク占い

  • 片思いが叶う可能性は何%?
  • 彼といつ両思いになれるの?
  • 好きな彼からのLINEの文面の意味を知りたい!

少しでも彼のことで気になる人は、すぐにでも相談できるLINEトーク占いを使ってみてくださいね。

LINE公式なので大手企業運営で安心。多くの占い師から復縁に強い占い師を選べます。

≫LINEで手軽に占ってもらう

目次

未読スルーと既読スルーの違いとは?

未読・既読の時間で見抜く

未読スルーは、「既読」マークがついていない状態です。あなたからのLINEを読むこともなくスルーをしています。一方の既読スルーとは、LINEを読んだうえでスルーしていることです。

どちらも「返信をしない」ということでは共通しています。ただし「返信をしない」のか「返信ができない状況」なのかで「スルー」をしているかどうかが変わるのです。

たとえば仕事中や就寝中は、必然と未読・既読のままになってしまいます。これは無視しているのではなく、返信できない状況であるからです。

このような状況を考慮して、未読・既読が12時間以上になる場合は「スルー」されている目安となります。12時間以上返信できない状況は稀であるためです。

1~2時間程度の未読・既読で落ち込む必要はありません。まずは目安となる12時間は、何かしらの事情があるのだと気にせずに返信を待ちましょう。

相手との今後の関わり

未読スルーが続く場合、彼はあなたと今後の関わりを断とうとしています。どんな内容を送ったのか興味もなく、無視することであなたとの関係が悪くなることに何も感じていないのです。

既読スルーの場合は、内容を確認しています。完全に拒絶しているわけではないので、今後もあなたと関わる意志があるといえるでしょう。

少しでも興味があるかどうか

未読スルーの場合、あなたからのLINEに少しの興味もありません。つまりあなた自身への興味がなく、どんなLINEがきたのか少しも気にならないのです。

既読スルーの場合は、内容を読んだうえでスルーの判断をしています。興味がないわけではなく、返信の必要がないと判断しただけです。

つまり未読と既読であれば、既読スルーの方が可能性も高いでしょう。少しでも興味があれば、そこから恋愛に進展していくことは十分に考えられるのです。

彼が忙しいかどうか

先ほどもお伝えしたように、彼の忙しさによっても未読・既読は異なります。スルーされている時間と彼の状況を考えてみましょう。

未読の場合は、彼が忙しくLINEを開く余裕がない可能性があります。そのまま帰宅して就寝してしまうこともあるかもしれません。

一方で既読がついたときは、返信するつもりがないということです。内容は読んだけれど、返信する必要がないと判断してスルーしています。

男性が未読・既読スルーをする原因とは?

内容を確認して満足した

男性に多いのは、内容を確認して満足してしまうケースです。確認したところで「そうか」「なるほど」と頭の中で感想を述べます。そしてLINEを閉じてしまうのです。

つまり意図してスルーをしているわけではなく、彼の中では納得・満足ができたので返信をしないのでしょう。男友達同士でもこのようなケースが多いため自然なことなのです。

忙しくて返信できない

男性は一つのことに集中すると他のことを考えられなくなります。女性のように器用に気持ちを切り替えることが苦手です。

そのため仕事中・飲み会中・遊び中・趣味中など、没頭しているときには返信できません。LINEを読むことができても、返信するまでには至らずにスルーしてしまうのです。

後回しにして忘れてしまった

前項のように忙しいときには、返信をせずにLINEを閉じてしまいます。そのときは「落ち着いたら返信しよう」と考えているでしょう。

しかし実際に落ち着いたとき、LINEの返信を思い出すことは少ないです。そして数日後に思い出したとき、「今更かな?」と思い、返信をやめてしまいます。

あなたに対して好意があれば、後回しにしてでも返信はするでしょう。返信がないのは、彼の中でのあなたの存在が大きくないということです。

返信内容に困っている

あなたが送ったLINEに対して、どんな返信をしたら良いのか困ってしまうこともあります。悩んだ挙句に返信することができないままスルーしてしまうのです。

彼からスルーが続いているときは、今一度自分が送信したLINEの内容を確認しましょう。返信しにくいような内容であれば、追加LINEでフォローする必要があります。

あえて返信しないという選択をした

未読・既読スルーをするのは「あえて」ということもあるでしょう。これはLINEの内容を見て「返信の必要がない」と判断したためです。

たとえば、「また来週もよろしく」というLINEを送った場合、多くの人は返信をしません。LINEの終わりを意味する言葉だと判断して、あえて返信しなかったのです。

あなたに興味がない

片思いの彼は、あなたに興味がないかもしれません。LINEをするのが面倒なので、無視をしてLINEを終わらせようとしています。

この場合は、何度もLINEをするのは逆効果となるでしょう。今はLINEをせずに距離を空けておくのが良いです。

未読・既読スルーをする男性心理は?

単純にLINEをくれて嬉しい

返信がこないと「迷惑だったかな?」と心配になりますよね。しかし実際には、LINEをくれて嬉しいと感じている男性が多いです。

男性は「言葉にしなくても伝わっている」と思っています。そのため返信しなくても嬉しいと感じているのは、わかってくれていると思い込んでいるのです。

未読・既読スルーのときの男性心理はとても気になりますが、50%ほどの割合で嬉しいと感じていることも覚えておきましょう。必ずしも迷惑と感じているわけではないのです。

忙しいということを知ってもらいたい

未読・既読スルーは、彼からの忙しいアピールであることもあります。実際に忙しい人もいれば、忙しいと思わせたい人もいるでしょう。

「俺はLINEするほど暇ではない」
「仕事で頼られている」

男性にとって「暇をしている」ということはプライドが傷付きます。自分に価値があるということをわかってもらうために、あえてスルーをして忙しいアピールをするのです。

もちろん中には本当に忙しい男性もいます。LINEをする余裕がないほど忙しい男性は、返信しないことで「忙しいからLINEは無理」だと無言の訴えをしているのです。

LINEは必要最低限の連絡手段だから

女性にとってLINEはコミュニケーションツールですが、男性にとっては連絡ツールである人も多くいます。必要最低限の連絡でしか使わないのです。

男性は束縛を嫌う人が多いですが、LINEは24時間いつでも束縛できてしまいます。勝手にLINEをして、既読がつけば返信を余儀なくされるものです。息苦しさを感じる男性もいるでしょう。

あなたやLINE内容に問題があるわけではなく、そもそもLINEが得意ではありません。そのため必要でないと思うLINEには返信しないのです。

何も考えていないので深い意味もない

片思いの彼に未読・既読スルーをされると、その心理を深く考えてしまいますよね。しかし実は多くの男性が何も考えていないのです。

未読・既読スルーをしていることに理由や心理はなく、「たまたま」「なんとなく」というのが本音でしょう。LINEに対する意識が低いことで、深い意味もなくスルーすることはよくあるのです。

面倒で仕方ない

未読・既読スルーをするのは、あなたとのLINEが面倒という心理もあります。返信すれば、またあなたからLINEが届くでしょう。そしてまた返信する…そのやりとりをしたくないのです。

つまりは、あなた自身に興味がありません。あなたとのLINEに価値を感じることができず、時間を使って返信をすることが面倒なのです。

返信しないことで察してほしい

「LINEの返信をしない」=「あなたに興味はありません」と察してほしい男性もいます。これ以上LINEをしても意味がないということをスルーすることで意思表示しているのです。

片思いをしている人にとっては辛いことですが、中途半端に優しくされるよりも良いでしょう。もし察することができたのであれば、LINEはやめて片思いも一度中断するのが良いです。

恋の駆け引きをしている

男性も恋の駆け引きをすることがあります。未読・既読スルーをして、あなたに焦りや不安を与えることで、自分へ気持ちを引き寄せようとしているのです。

あなたの反応次第で、「俺のことを好きなのか?」「俺のことを意識していないのか?」と判定します。ここであなたがどう反応するのかで、彼の気持ちや彼との距離は変わってくるでしょう。

もし駆け引きをしていると感じたときには、素直に不安や寂しさを伝えてみてください。安心した彼は満足をして、あなたへのアピールを開始してくるのです。

LINEで片思いのきっかけ作り【LINEトーク占い】

LINEトーク占い

占いの先生の言葉に従い、片思いを成就させた人はとても多いです。私もその1人です。

LINEトーク占いでは、

  • 片思いの彼からのLINEの意味
  • LINEが未読・既読スルーの理由
  • LINEの返信が来やすいタイミング

などを占い師の先生が、鑑定して教えてくれます。LINEのチャット・電話で気軽に相談してみてくださいね。

≫LINEで手軽に占ってもらう

未読・既読スルーされたときの対処法は?

しばらく放置して原因・心理を考える

24時間以上の未読・既読スルーが続いたときは、原因・心理を考えてみましょう。今までのLINEの頻度や内容から彼の状況や心情を考察してみてください。

LINEが得意ではない?
仕事が忙しい?
恋人ができた?
興味がない?

原因がわからなければ、身動きがとれません。まずは一週間ほどスルーのまま放置をして、原因が見えてきたところで次の一手に進んでみましょう。

違う角度でもう一度メッセージを送る

あなたが送信した内容が、彼にはわかりにくかった可能性もあります。その場合は、違う角度・言い方で再度LINEを送ってみてください。

このとき、できるだけ具体的に選択肢を与えることがポイントです。彼は2~3択の中から返事をすれば良いので、スルーをすることもなくなるでしょう。

【今月中に美味しいお店にランチに行きませんか?】
このようなLINEを送ると、返信に困ってしまいます。考えるのが面倒になりスルーしてしまう男性も多いでしょう。

【来週の仕事終わりに駅前のお寿司屋かラーメン屋どっちか行かない?】
このようにすれば、LINEが苦手な彼でも【金曜にラーメン】と返信しやすいです。これでもスルーされた場合は、食事に行く気がないということなので一度LINEはやめてみましょう。

前回の内容をフォローする

彼からの返信が一週間以上ない場合は、追加の一言を送ってみましょう。決して催促をするわけではなく、自分のLINEに対するフォローを入れるような内容にします。

たとえば【今度飲みに行こうね】というLINEがスルーされている場合。返信がこないときは【仕事が落ち着いたら、皆で打ち上げしたいなーと思って】と追加送信をします。

あなたのLINEの意図がわからずに返信に困っていた彼は、フォローすることで安心するでしょう。気楽に返信できるような内容に切り替えて、もう一度チャレンジしてみてください。

ダイレクトに真意を聞く

勇気がいる対処法ですが、彼にダイレクトに聞いてみるのも一つの手段です。うまくいけば彼との関係が一気に縮まるきっかけにもなるでしょう。

ダイレクトに聞くときは、彼との関係をはっきりさせたいときです。中途半端な状態から卒業したいときは、当たって砕ける覚悟で真意を聞いてみてください。

【私がLINEするのは、迷惑になるかな?もし迷惑なら言ってもらえると助かります。】
【何か怒らせることしちゃった?気づかずに嫌な気持ちにさせているなら知りたいです。】

少し重い内容にはなりますが、彼が心の中でモヤモヤしていることがあれば聞くことで解消されます。あなたのモヤモヤも晴らすことができるので、ダイレクトに聞いてみてください。

別の連絡手段を使う

LINEの返信はしなくても、SNSには返信をくれる人もいます。ツールを変えるだけで、気持ちが変わり返信しやすくなる場合もあるのです。

LINEの未読・既読スルーが一週間以上になったときは、他のSNSをチェックしましょう。InstagramやFacebookに投稿しているのであれば、そこにコメントを入れてみます。

他の人も確認できるコメント欄であれば、気軽に返信する気持ちになれるのです。まずはコメント欄で気軽なやりとりをするところから始めてみましょう。

スタンプで可愛く拗ねる

彼との信頼関係ができている人や、今まで頻繁にやりとりしていた場合は、拗ねてみるのも良いでしょう。ただし重くならないようにスタンプで可愛く拗ねてください。

「いじいじ」「じー」「おーい」などの呼び掛けるスタンプを1つだけ送ってみます。そこで彼の反応や様子を伺ってみましょう。

怒ることや重たくなる内容は、彼に負担を与えるだけです。1回だけ可愛く拗ねるということを忘れないようにしてください。

間違いメールできっかけを作る

未読・既読スルーが続くときは、一度前回の内容はリセットしましょう。そして数週間を空けて、間違いメールなどをきっかけにLINEを再開できるようにしてください。

【今日〇〇くん駅前のコンビニにいたよね?】
【明日の会議は中止になりました】⇒【あ、ごめん!課長へのLINE間違えました】

わざとらしい感じもしますが、LINEをするきっかけがなかった場合には有効です。彼も間違いLINEをきっかけに返信してくれることもあるでしょう。

未読・既読スルーされないための対策は?

LINEに目的や意図をもたせる

女性にとってLINEは、人間関係を構築し親密にするための手段だと考えているでしょう。しかし男性は、目的や目標を達成するための手段だと考えています。

男性は、「連絡事項を伝える」「約束をする」「好きな女性を落とす」など明確な目的がなければLINEをしません。興味のない相手とダラダラとコミュニケーションをとることは少ないです。

未読・既読スルーされないためには、男性へのLINEに目的や意図を持たせます。男性が意味をもってLINEを返信できるようなボールを投げてください。

【およはよう!今日は天気がいいね!】このようなLINEに返信はしません。そこに返答する意味を見出せない場合が多いためです。

【おはよう!今日の会議資料はコピー必要?プレゼンもあるし頑張ってね!】意味のある文章を入れるだけで、返信確率が上がります。

スルーを気にしない

未読・既読スルーされないための対策は、「気にしない」ことです。本末転倒のようにも思えますが、気にしないことこそが、LINEを続ける秘訣にもなります。

スルーされると不安になり、次のLINEもなかなかできなくなるでしょう。しかし男性にとってスルーとは、そこまで重要なことではないのです。

スルーされること、スルーされたことにとらわれず、素直な気持ちをLINEしてください。あなたの気持ちは必ず彼に届き、少しずつ心を開いてくれるようになるでしょう。

キャッボールしやすいボールを投げる

LINEでも会話を成立させる必要があるので、一方的に話すようなことがないようにしましょう。彼の状況や心情を考慮しながら、返信しやすい内容を送ってください。

とくにLINEが苦手な男性の場合、YES・NOなどの2択で返事ができると良いです。深く考えずに返信できる内容であれば、苦になることもありません。

彼のLINEのペースを掴む

LINEをするペースは人によって異なります。即効返信をする人もいれば、1日1~2回という人もいるでしょう。また朝型の人もいれば、夜型の人もいますよね。

彼のLINEのペースを知り、それに合わせることが大切です。同じペースでLINEをすることで、やりとりが心地よく感じられるようになります。

未読スルーをされたときに考えること・すること

着信画面で確認している可能性もある

未読スルーの場合、自分の送信内容が彼に届いていないことになります。既読スルーよりも悲しく不安な気持ちになるでしょう。

しかし設定によっては、着信画面でLINEの内容が確認できます。短い文章であれば読むことができるので、そこで既読をしているのです。

忙しい男性の場合は、着信画面でチェックをしてLINEを開かない人もいるでしょう。つまり未読スルーですが、既読スルーと同じ意味を持つのです。

ブロックされていたら諦める

未読スルーが続く場合に考えられるのが「ブロック」です。彼があなたからのLINEをブロックしている場合は、何度LINEをしても彼には届きません。

ブロックは、タイムラインやスタンププレゼントで確認することができます。もしブロックされているのであれば、片思いは一度諦めるべきです。

気持ちをリセットして、彼と会ったときは笑顔で対応してください。ブロックでも逆転するチャンスはありますが、今はLINEをするのは無意味です。

最後にスタンプを入れる

彼が着信画面でLINEを確認している場合は、最後にスタンプを入れると効果的です。着信画面にはスタンプが押されたことしか表示されないため、内容がわかりません。

そこで彼はLINEを開いて確認します。必ず内容を読んでもらい「既読」をつけてもらうためにもスタンプを上手に活用してください。

グループLINEを作る

LINEが未読の場合は、グループLINEを作り交流しましょう。万が一ブロックされている場合でも、グループLINEであればつながることができます。

グループですので直接彼話しかけたりアピールしたりすることはできません。しかし少しずつ彼と交流を深めることで、また直接やりとりができるようになる可能性もあります。

未読・既読スルー様子を見る期間は?

まずは一週間

未読・既読スルーをする原因はさまざまです。そこでまず一週間は何もせずに様子を見るようにしましょう。彼が落ち着くまで何もしないのが良いです。

一週間経過したところで、次にするべきことを考えます。自分のLINEを見返して、追加やフォローを検討します。また違う内容を送信することや拗ねることも効果的でしょう。

急ぎの場合は一日

LINEの内容が急ぎの案件である場合は、24時間だけ待ちます。そして催促するのではなく、改めて別の言い方でLINEをしてみましょう。

このとき半日など、短い時間で再度LINEをするとしつこい印象を与えてしまいます。束縛されているようで不快になるので、最低でも一日は待つようにしてください。

チャンスを期待するなら一カ月

LINEの返信はこないけれど、もう一度チャンスに期待をするのであれば一カ月様子を見ましょう。そして一カ月経過したところで、まったく別の内容を軽くLINEしてみてください。

前回スルーした彼も久しぶりのLINEに新鮮さを感じます。状況も変化しているので、LINEの返信がくる可能性もあるのです。

過度な期待はできませんが、「最後のチャンス」だと思い一カ月後にLINEをしてください。そこで最終的な判断をしましょう。

別の恋愛を探しながら一年以上様子を見る

未読・既読スルーが続く場合は、一度彼のことは諦めましょう。そして新しい出会いや恋愛を探して過ごしてください。

それでも彼のことが忘れられないのであれば、一年後にLINEを入れてみてください。一年あると色々なことが変化します。彼の状況や心情、あなたへの気持ちもリセットされるでしょう。

長い期間を空けるからこそ成功することもあるのです。自分の時間を大切にしながら一年を過ごし、そして再度チャレンジしてみてください。

まとめ

片思いの彼に未読・既読スルーされるのは、とても辛いものです。理由を考えては落ち込み、そして自信をなくしてしまうでしょう。

しかし男性にとっての未読・既読スルーは、女性とは少し違う意味があります。まずは原因や心理を考えて、今後の対処法に活かしてみてください。

LINEは大切なコミュニケーションツールです。一回のスルーでコミュニケーションを失わないように対策をしっかりしてLINEを利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代後半女性です。職場にいる片思いの彼と付き合うことができた経験をサイトに記録しています。「片思いは待っていても意味があるのかな」と不安になりますよね。1人でも片思いに悩んでいる女性が報われるように、私の経験を生かしてもらえれば嬉しいです。