片思いの彼にLINE電話したい…誘い方・話題

片思いの彼にLINE電話をしたいけど…なかなか勇気が出ない女性は多いでしょう。LINEは気軽にできても、電話となると途端にハードルが上がってしまいますよね。

LINEが主流の時代だからこそ、電話をすることは特別です。せっかくLINE電話が利用できるのであれば、思い切って電話で2人の距離を縮めていきましょう。

突然電話をしたら迷惑ではない?
電話で何を話せばいい?

今回は、片思いの彼へのLINE電話の誘い方・話題について紹介します。電話のドキドキ感を利用して、今こそあなたの恋愛を進展させてくださいね。

とその前に…LINEの片思い相談なら【LINEトーク占い】

LINEトーク占い

  • 片思いが叶う可能性は何%?
  • 彼といつ両思いになれるの?
  • 好きな彼からのLINEの文面の意味を知りたい!

少しでも彼のことで気になる人は、すぐにでも相談できるLINEトーク占いを使ってみてくださいね。

LINE公式なので大手企業運営で安心。多くの占い師から復縁に強い占い師を選べます。

≫LINEで手軽に占ってもらう

目次

片思いの彼とLINE電話をするメリットとは?

電話をしている時間は2人だけのもの

LINE電話をしているとき、あなたは彼の時間を独り占めすることができます。電話をしているときは、他の人に会話を邪魔されることなく、あなたと彼だけの時間なのです。

あなたが彼のことだけを考えているように、彼もあなたのことだけを考えてくれています。これはLINEではできないことで、電話だからこそ実現できる特別な時間です。

会話のキャッチボールができるので仲良くなるスピードが早い

電話は会話のキャッチボールで成り立ちます。LINEのように「投げっぱなし」という状況になることは、ほとんどありません。

そのためLINEを10回するよりも、電話を10分した方が仲良くなることができます。10分だけでも会話を何度も投げ合うことができるので、親密な関係になれるのです。

返信を待つ不安やストレスがない

LINEのやりとりをしていると、彼の未読・既読に振り回されてしまいます。スルーされるたびに落ち込み、そして不安な気持ちになるでしょう。

返信を待つドキドキ感は、片思いの醍醐味でもあります。しかし不安やストレスを抱えてばかりの日々では疲れてしまうものです。

LINE電話の場合は、返信を待つ必要がありません。「変なこと言ってしまったかな?」と思えば、すぐに訂正やフォローを入れることもできるので不安もストレスも軽減できるのです。

言葉のニュアンスから気持ちが伝わりやすい

LINE電話は、彼の話し方・速度・間・ニュアンスなどから気持ちを察することができます。気持ちを探りながら会話を展開していけるのが電話の良いところです。

LINEの場合は文字だけですので、実際に彼が何を思っているかわかりません。本当は興味がなかったり、怒っていたりすることもあるでしょう。

LINE電話であれば、このような感情が伝わってきます。感情がわかれば話題を変えたり、掘り下げたりと調整をすることができるので、お互いに気持ちの良い会話ができるのです。

片思いの彼とLINE電話をするときの注意点は?

予告なしに電話しない

突然に彼の声が聞きたいと思うこともあるでしょう。しかし予告もなしに電話をしてしまうのは、彼への配慮に欠けています。

電話をするときは事前に確認を入れるようにしてください。そして彼の了承を得たうえで、約束の時間に電話をするようにしましょう。

彼の状況・体調・心情など様子を見て電話する

電話をする約束をしている場合でも、電話の前後で彼の様子を見るようにしてください。彼の様子によっては、電話を見送るなどの判断も必要になります。

たとえば「明日の夜電話する」と約束していた場合でも、当日彼の仕事が長引くこともあるでしょう。帰宅して早々に電話をすれば彼は疲れているはずです。

電話をしたとき「今日は残業で今帰った」などと言った場合。「ごめんね。じゃあまた改めて電話するね。」と言って電話を切ってください。

自分の気持ちや約束ばかりにとらわれず、彼の状況・体調・心情など電話ができるかどうかを見極めましょう。電話をするときは、より彼への配慮が必要になることを忘れないでください。

15分以上の長電話はしない

男性と女性では「長電話」と感じる時間に差があります。女性同士の場合は30分以上話すことはよくあり、1時間を超えると長電話であるという認識です。

しかし男性は30分で長電話と感じます。電話にだけ束縛されることにも疲れてしまい、だんだんと電話が面倒になってくるでしょう。

そこで電話は最初から15分までと決めます。無料通話なので時間を気にせずに話してしまう人も多いですが、時間を見て切り上げてください。

寝る前のリラックスタイムに電話する

彼に電話をかける時間帯は20~23時頃がベストです。お互いにご飯やお風呂を終えて、「あとは寝るだけ」という状態で電話ができるようにしましょう。

夜寝る前の時間は一日で最もリラックスしている時間です。それは感情的になりやすく心が開きやすい時間でもあります。

また昼間に比べて理性が働きにくいので、あなたも彼も素直に会話することができるのです。心を裸にして素直に電話ができるように寝る前の時間に電話をしてください。

出ないときは一度で諦める

電話をする確認をした場合でも、彼は電話に出られないこともあります。状況や気持ちが変わっていたり、疲れて寝てしまったりすることもあるでしょう。

一度でもLINE電話をすれば、その履歴は着信にもLINEにも残ります。しつこく電話はせずに履歴を見た彼からの反応を待つようにしてください。

事前に話題を用意しておく

電話をするときは、沈黙を怖がる必要はありません。どちらも話さない時間があるのは仕方のないことなので、沈黙も含めて電話を楽しむことが大切です。

それでも沈黙ばかりでは、つまらない時間になってしまいます。電話をする前に、いくつか話題を用意しておきましょう。

とくに男性は意味のない会話が苦手です。電話を無駄な時間だと思われないように、男性が楽しめる話題を考えてから電話をしてください。

片思いの彼にLINE電話をするときの誘い方は?

ストレートに「電話してもいい?」

電話に誘うときには、ストレートに電話したいことを伝えるのが一番です。それが彼の心を動かすきっかけにもなるでしょう。

【今から電話してもいいですか?】
【疲れていなかったら少し電話してもいい?】

電話をするのに理由はいりません。ただ電話をしたいからするのです。男性はまわりくどい言い方が苦手ですので、素直に希望を言葉にして誘ってみてください。

「電話の方が伝わりやすいから」と理由をつける

文字にすると伝わりにくいことや長くなってしまうことがあります。口頭で伝えた方がわかりやすいことがあれば、電話をする口実となるでしょう。

【明日の集合場所わかりにくいから今電話で伝えてもいい?】
【今日のミーティングの内容簡単に電話で伝えていい?】

あくまでも理由ですので、業務連絡を伝えた後が勝負となります。ただ伝えて終わらないように、そこから話を広げられるようにしてください。

可愛く「声が聞きたい」と甘える

恋人でない相手でも「声が聞きたい」と言われるのは嬉しいものです。男性をドキドキさせるためにも、可愛く甘えるように電話を誘ってみましょう。

【急にごめん。少しだけ声が聞きたいです。】
【声が聞きたい。今すぐ声が聞きたいです。】

電話をしたいというよりも可愛らしさがあります。「俺に気があるのかな?」とわからせるためにも思い切った誘い方がおすすめです。

「相談(質問)がある」と持ち掛ける

なかなかLINEでできない相談や質問を電話で話してみましょう。事前に相談もしくは悩みがあるから聞いてほしいと伝えておくと良いです。

【〇〇が得意な〇〇くんに聞きたいことがあります!】
【ちょっと〇〇くんに聞いてほしいことがあるの】

このとき彼だからこそ相談するということを強調してください。あまり重い悩みはNGですが、彼に解決してもらえるようなことを話してみてください。

変化球で「今日いつもと様子が違ったから」と心配してみる

片思いの彼の様子を見ているあなただからこそ、彼の変化に気づけるものです。その変化を見逃さずにLINEをするようにしてください。

【今日体調悪そうに見えたけど…大丈夫?】
【なんか元気がないような気がして心配だったから…】

そう言って電話をかけてみましょう。もし思い違いであれば、そのまま他の話題に移行します。実際に様子がおかしいときは無理に聞き出さずに優しい言葉をかけて電話を切りましょう。

「眠れなくて5分だけ声聞きたい」と直球勝負

まるで彼氏に言うようなセリフですが、「寂しさ」や「恋しさ」をアピールするのも効果的です。また時間限定で電話をするのも男性にとっては嬉しく感じます。

【急に〇〇くんのこと考えたら声が聞きたくなって…おやすみだけでも電話でしていい?】
【少しだけ〇〇くんの声が聞きたいです】

告白にも思える直球の誘い方です。この直球こそが男性の心に響き、片思いを進展させるきっかけにもなります。勇気を出して可愛く勝負してみましょう。

LINEで片思いのきっかけ作り【LINEトーク占い】

LINEトーク占い

占いの先生の言葉に従い、片思いを成就させた人はとても多いです。私もその1人です。

LINEトーク占いでは、

  • 片思いの彼からのLINEの意味
  • LINEが未読・既読スルーの理由
  • LINEの返信が来やすいタイミング

などを占い師の先生が、鑑定して教えてくれます。LINEのチャット・電話で気軽に相談してみてくださいね。

≫LINEで手軽に占ってもらう

片思いの彼にLINE電話をするときの話題は?

共通の話題が一番盛り上がる

LINE電話でも2人の共通の話題が一番盛り上がります。仕事・友人・趣味など、共感して盛り上がれることを話しましょう。

「今日〇〇(共通の友人)に会ったよ。真っ黒に日焼けしていて笑っちゃった~!」
「さっそく今日は〇〇(共通の趣味)をクリアしたよ~早く〇〇くんに追いつきたいな…」

あなたしか知らない人・物の話では、男性は何も面白くありません。話をされても返事に困ってしまい退屈に感じるでしょう。2人が同じ熱量で会話ができる共通事項に関して話してください。

今日の出来事を報告

今日の出来事は一番鮮度が高い話題です。同じことを話すことはなく、リアルタイムでの出来事を共有できるので聞いていても楽しめるでしょう。

しかし逐一出来事を報告されても嬉しくも楽しくもありません。「だから?」「それで?」と聞かれれば、そのまま終わってしまいます。

今日の出来事の中でとくに刺激的なことを簡潔に伝えてください。女性の話はオチがないと言われるので、できるだけ起承転結でオチをつけて話すと良いです。

彼の得意分野を質問する

男性は自分の得意なことを話すのが大好きです。得意なことであれば、聞いていなくても話しが止まらなくなる人もいるでしょう。

「〇〇くん仕事通訳だよね?実はわからない英文がいくつかあるんだけど聞いていい?」
「〇〇くん食べ歩きしているよね?最近おすすめのランチはどこだった?」

質問に答えてくれたら、返答からさらに深い質問に変えます。そうしてキャッチボールしていると自然と電話が盛り上がってくるのです。

電話だからこそ恋愛トークもあり

LINEでは聞きにくいことも、LINE電話であればスムーズに話せることがあります。あなたが聞きたい彼の恋愛トークをして距離を縮めてみましょう。

「どんな女性が好きなの?」
「今恋愛はしている?」

あまり質問ばかりするのではなく、一つの質問に対して掘り下げてみてください。彼のタイプや恋愛観をすれば、今後も動きやすくなります。

軽めの悩み相談をする

電話であれば悩み相談をして2人で秘密を共有するのもおすすめです。あなたが今抱えている小さな悩みを彼に相談してみましょう。

ただし彼が返答に困ることや重すぎる内容は控えてください。可愛く彼を頼るくらいの内容が一番効果があります。電話の中盤で「実は…」と切り出すと話しやすいです。

「実は今転職を考えているんだけど…〇〇くん去年転職したときのこと聞いてもいい?」
「最近元彼から毎日着信があって…どう対応するべきか悩んでいるの」

テレビ・漫画・ゲームなど最近のこと

あなたが印象に残っているテレビ・漫画・ゲームなどの話も盛り上がります。とくに男性が好きなジャンルであれば、興味をもって話をしてくれるでしょう。

「昨日テレビでやっていた街の特集見た?駅前のパン屋さん紹介されていたよ~」
「ついに新巻が発売されたね!昨日は本屋さんに走ったけど…すでに売り切れ!購入できた?」

このような話題にすると貸し借りに発展することもあります。同じことで感動したり笑ったりと感情の共有もできるのでおすすめの話題です。

行きたい場所や食べたいもの

お互いの「したいこと」「行きたいこと」「食べたいもの」などの希望・願望・理想などの話も盛り上がります。またデートが実現する可能性も高いでしょう。

「桜が咲いたら公園でお花見したいなー!」
「最近遊園地とか行けていないから、絶叫マシンに乗って思いきり叫びたい(笑)」

彼が誘うきっかけにもなりますし、あなたが誘うこともできます。電話からデートへと段階を進めていけるように会話をしてみてください。

片思いの彼とLINE電話をするときのテクニックは?

ゆっくり丁寧な受け答えを意識する

電話は、声だけで女性らしい可愛さを出す必要があります。言葉の選び方や間の取り方などが重要となるでしょう。

意識するのは、ゆっくり丁寧に話すことです。通常自分が話すより、少し口調をスローにしましょう。そして言葉遣いも含めて一語一語を丁寧に話してください。

たとえば電話で「まじ?」「やば!」などと言うと女性らしさを感じません。このようなときは「本当に?」「凄いね」など言い方を変えて伝えましょう。

男性が電話をしていて「可愛い」「癒される」と思えるように工夫してください。それが二回目以降の電話にもつながるのです。

「電話ってドキドキするね」と気持ちを高める

電話をしたときのドキドキ感は言葉にすることでより高まります。また男性にも同じ気持ちを共有できるので、一緒にドキドキできる効果があるでしょう。

「いつもLINEだから緊張するな」
「電話しているとドキドキするな」

とくに初めての電話であれば、この一言を伝えるだけで電話の意味が変わってきます。さり気なくドキドキしている気持ちを伝えてみてください。

「〇〇くんの声を聞くと落ち着くな~」とつぶやく

電話をしていて緊張するのは男性も同じです。「退屈していないかな?」「変な風に思われていないかな?」と不安になる男性もいるでしょう。

そこで電話をしていて落ち着くことを伝えると、男性は安心します。そしてリラックスをして電話ができるようになるのです。

「〇〇くんとの電話は落ち着く!」
「声を聞くと安心するから不思議だな~」

電話の途中で沈黙ができたところで、このような言葉をつぶやいてください。不意打ちの言葉に男性のドキドキ感も高まるでしょう。

盛り上がっているところで切り上げる

彼と電話をするとき、ダラダラと長電話するのは効果的ではありません。話す内容もなくなってしまい、テンションが落ちたところで電話を切ることになります。

電話は盛り上がっているところで切り上げるのがポイントです。会話が途切れなくなってきたときは、まだまだ電話を続けたいでしょう。

そこで「続きはまた今度話そうね!」と切り上げることで、男性は「また電話したい」と思います。名残があることで、あなたとの電話に恋しさを感じるようになるのです。

基本はLINEポイントで電話を利用する

電話は頻繁にするのではなく、多くても週1回程度に留めておきましょう。また話題がないときは無理に電話はせずに、話したいことがあるときのみ電話をしてください。

基本的にはLINEをして、「ここぞ」というときに電話をします。その方が彼にインパクトも残るので電話を効果的に使うことができるでしょう。

彼に相談やお願いがあるとき、またデートに誘いたいときなどがとくに有効です。うまく電話を利用して印象を強めるようにしてください。

共感ポイントを逃さず共有する

電話をしているときは、できるだけ彼に共感をするようにしましょう。共感ポイントを共有することで、親近感をもってもらうことができます。

「私もそう思う」
「同じこと考えていた」

このような相槌にするだけで、彼はあなたに対して「価値観が同じ女性」だと思うでしょう。それが好意を強めていくので、共感ポイントは逃さないようにしてください。

相槌をしっかりして聞き役にまわる

女性の方が話し好きだと思われがちですが、実は男性も話すことが好きです。できるだけ電話では男性が話しやすい状況を作るようにしましょう。

話しやすい状況とは、聞き役にまわることです。男性の話に耳を傾け、しっかりと相槌をうってください。表情や動作で伝えられないぶん、言葉に出していきます。

「うんうん、それでどうなったの?」
「へーそうなんだ!凄い!」
「その後はどうなったの?」

次の話がしやすいように合いの手を入れてください。男性は気持ちよく話すことができて、あなたとの電話が心地よい時間になるでしょう。

困ったときはオウム返し

電話で返答に困ることもありますよね。しかし何も返事をせずに沈黙してしまうと、彼に不安や不快感を与えてしまうこともあるでしょう。

そこで困ったときは、彼の言葉をそのままオウム返しをすることで切り抜けてください。それだけで共感されているような気持ちになるのです。

「〇〇が凄く大変でさ~、もう来月からはやめようと思うんだよね」
⇒「〇〇って凄く大変なんだ!来月でやめるんだね~。」
「昨日見たのが衝撃的だった!」
⇒「衝撃的だったんだね!」

なんでもオウム返しにすると違和感がありますが、困ったときはオウム返しをするだけで会話が成り立ちます。テクニックの一つとして心得ておきましょう。

さり気なくキュン言葉を盛り込む

せっかく電話で時間を共有しているので、彼をキュンとさせていきましょう。電話の中で突然ドキドキさせるようなキュン言葉を盛り込んでみてください。

「〇〇くんと電話できて嬉しいな~」
「話していると元気が出るな」

ちょっとした沈黙でさり気なく言うことがポイントです。男性も嬉しくなり、あなたとの電話を楽しみに待つようになるでしょう。

たくさん笑う

電話はニコリと微笑んでも相手には伝わりません。楽しいときには声を出して笑うことで、相手に楽しさを伝えることができます。

そこで少しでも多く笑うことを意識しましょう。そして「面白い~」「楽しい~」と言葉に出すことも忘れないようにしてください。

あなたがたくさん笑うことで、電話が楽しい時間になります。笑い声や楽しい感情は彼にも伝染するので、ぜひ楽しい時間を共有してください。

まとめ

LINE電話はとても緊張するものです。しかしポイントを押さえて電話をすると、彼との距離を一気に縮めることができるでしょう。

電話番号を知らなくてもLINE電話をすることは可能です。せっかくの機能を有効に使うためにも、ぜひLINE電話を活用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代後半女性です。職場にいる片思いの彼と付き合うことができた経験をサイトに記録しています。「片思いは待っていても意味があるのかな」と不安になりますよね。1人でも片思いに悩んでいる女性が報われるように、私の経験を生かしてもらえれば嬉しいです。