片思いデートの誘い方!女性からLINEで連絡する時間帯・例文

「片思いをしている彼をデートに誘いたい!」と考えていても、女性からデートに誘うのは難しいものですよね。彼に引かれてしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。

結論から言うと、女性からデートに誘われて嫌な男性はいません。ただし、男性心理を理解したうえで、タイミングや言葉を考慮して誘う必要があります。

デートに誘うベストなタイミングはいつ?
自然にデートに誘う方法はある?

今回は、片思いデートの誘い方を紹介していきます。LINEをする時間や例文もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

その前に…片思いが成就する可能性は何%?

好きな彼が今、あなたのことをどう思っているか気になりませんか?

彼の気持ちが分かれば、どうデートに誘えばいいか分かりますよね。彼の本音を知るには、一流の占い師に占ってもらうのがおすすめです。

霊感・霊視、タロットなどを得意とする占い師であれば、彼の性格・気持ちを読み解くのに最適です。

彼はあなたのことが気になっているのか・付き合いたいのか」を調べてみましょう。電話占いカリス(提供元:Charis)は、100万人以上の鑑定実績当たる電話占い第1位の実力ある占い師がたくさんいます。

大好きな彼の気持ちをぜひ占ってもらってくださいね。

女性からデートに誘うのはアリ?ナシ?男性心理は?

嬉しくない男性はほぼいない

「デートは男性から誘うべき」という考えは、時代錯誤であるといます。今は男女関係も対等であり、どちらが誘っても問題ありません。

とくに最近は草食系男子が増えていることで、男性からデートに誘えないという人も多いでしょう。受け身な男性が蔓延しており、男性は女性からの誘いを待っているのです。

とはいえ、女性からデートに誘われるというのは頻繁にはありません。そのため女性からデートに誘われるとほとんどの男性は嬉しさを感じるのです。

自分から行動しなければ恋愛は進展していきません。考えて迷っているのであれば、まずは勇気を出して自分から恋愛を動かしていきましょう。

自分に好意があると気がつく

恋愛は自信や確信がないと身動き取れないものです。あなたが片思いしている彼も、あなたの気持ちがわからずに何もアプローチができないという可能性もあるでしょう。

あなたが彼をデートに誘うことで、男性は「自分に好意がある」と気づきます。自信と確信がもてることで、彼の方からも積極的にアプローチしてくれることもあるのです。

『デートに誘う』というのは、『好意を伝える』行為と同様の意味をもちます。彼に自分の気持ちをわかってもらうことで、恋愛を進展させやすくなるのです。

タイミングや方法によっては迷惑になる

最初に『嬉しくない男性はほぼいない』とお伝えしました。これは90%の男性は喜ぶという意味であり、残り10%はそうでない場合もあります。

どんな女性からであってもデートに誘われること自体は嬉しいことです。しかしデートの誘い方やタイミングに問題があると、それは迷惑行為に感じられてしまいます。

つまり女性がデートに誘うときは、『正しい誘い方』を知っておく必要があるのです。自分都合で誘うことのないように気をつけてください。

女性からデートに誘うタイミングとは?

彼に『余裕』があるとき

男性は何かに夢中になると、猪突猛進に突き進む傾向があります。それは仕事のときもあれば、遊びや趣味や恋愛のときもあるでしょう。

夢中になっている期間は他のことに対して考える余裕がありません。あなたがデートに誘っても、彼の夢中を妨げるだけになってしまうのです。

彼の様子を見て、余裕があるかどうかを見極めてください。彼が何かに猛進していない余裕のあるときこそ、デートに誘うタイミングです。

休止モードに入っているとき

男性は夢や目標に向かって必死に頑張っているときでも、ときどき『休止モード』に入ります。頑張り続けることは難しく、どこかで休憩・休息が必要となるのです。

休止モード中は、誰かに自分の頑張りを認めてほしいと感じています。理解して受け入れてもらい、そして頑張るパワーを補給してもらいたいのです。

そんなときこそデートのチャンスでしょう。あなたに聞いてほしい話があれば、デートに行きたいと感じてもらえます。

彼の休止モードは、日頃の様子やSNSの投稿で見極めてください。張り詰めた様子ではなく、リラックスしているような雰囲気があれば、スイッチがOFFになっている証拠です。

LINEは夜20~23時がベスト時間

デートのお誘いLINEをするのは、20~23時がおすすめです。彼の生活サイクルによっても若干変わってきますが、仕事終わりから寝る前の時間を狙いましょう。

寝る前は、人が一番リラックスしている時間です。また夜は心が感情的になる時間でもあるため、彼の心のバリアが緩い状態でもあります。

そのため彼が仕事終わりでひと段落している時間にLINEを入れてみましょう。そして様子を見てデートに誘ってみてください。

LINEが盛り上がっているとき

彼と頻繁にLINEをする仲であれば、『勢い』も大切です。テンポ良いラインで盛り上がったときに、その流れでデートに誘ってみましょう。

あなた 【今からご飯作って食べるよ~】
彼    【何食べるの?】
あなた 【今日はパスタ!】
彼    【パスタいいな~】
あなた 【駅前に新しいパスタ専門店できたみたいだよ】
彼    【美味しいのかな?】
あなた 【来週一緒に行かない?】

とても自然なやりとりの中でデートに誘うことができます。デートにつながるきっかけは色々なところにありますので、勢いでデートに誘ってみましょう。

女性からデートに誘うときの注意点とは?

駆け引きしない

デートに誘うとき、ストレートに言わない女性もいます。駆け引きをして彼の出方を待ったり、彼に誘わせるように誘導したりするのです。

デートに誘うときの駆け引きは、男性にとって面倒なやりとりでしかありません。駆け引きはせずに、デートしたいということを素直に伝えるようにしてください。

【NG例】

  • 最近美味しいごはん食べに行けていないな~
  • 気になる映画の公開が始まったみたいなんだよね~

このようなLINEはNGです。『誘われ待ち』なのか『独り言』なのか、男性は理解ができずに考えることが面倒になってしまいます。

【OK例】

  • 最近美味しいごはん食べに行けていないから、一緒に行かない?
  • 気になる映画の公開が始まったから、一緒に行ってくれませんか?

男性が一目瞭然で『誘われている』とわかるような誘い方をしましょう。もし駆け引きしたいのであれば、デート中やデート後にするようにしてください。

好きが伝わることを恐れない

デートに誘う時に躊躇するのは、『自分の好きが伝わること』ですよね。デートに誘うことは、告白しているようなものですので、そこで彼の気持ちに変化が出るのを恐れてしまいます。

男性心理でもお伝えしたように、デートに誘えば好意が伝わるでしょう。しかし決してマイナスなことではなく、とてもプラスなことです。

あなたの好意が伝わることで、恋愛は動き出します。デートに誘うことで好きが伝わることを恐れず、ポジティブに考えるようにしましょう。

具体的に誘わない

デートに誘うとき、日時や場所を明確にして具体的に誘う人がいます。しかし具体的すぎる誘い方は、男性が引いてしまうこともあるので注意してください。

【NG例】

  • 〇月×日△時に〇〇映画館で〇〇を観ませんか?
  • 来週水曜日の仕事後に〇〇レストランに行きませんか?

このように文字にすると業務連絡のように感じてしまいます。またデートの内容を女性の都合だけで決められてしまうことに良い気分がしないのです。

【OK例】

  • 来月のお時間ある週末に映画を観に行きませんか?
  • 来週仕事が早く終わる日があれば、イタリアンでも食べに行きませんか?

ある程度デートの日時や内容を絞っておくのは良いです。しかし限定することのないように曖昧な部分も残しておくようにしてください。

急な誘いは警戒される

片思いの彼をデートに誘うとき、『デートできる距離感』であることが大切です。LINEを交換して間もないうちにデートに誘うようなことは避けましょう。

距離感の定義はないので難しいですが、LINEのやりとりが頻繁に続いていれば大丈夫です。1週間のうちに5回以上のLINEが1か月続いているのが目安となります。

ある程度お互いのことを知り、親しくなったところで誘ってみてください。しっかり現状の関係性を見極めておくことが大切です。

あなたと彼が結ばれるのはいつ?

片思いから自然に付き合えたカップルはたくさんいます。ただし、時間がかかったりすれ違ったり、上手くいかない女性もたくさんいます。

もっと早く相談しておけばよかった!

占い師の先生に片思いの相談をした女性が良く言うことです。先生は鋭い霊視・霊感鑑定で気になる彼の本音を引き出してくれます。

「どうすれば片思いが叶うだろう」と迷っている人は、今の彼との心の距離がどれくらいあるのか確かめてみましょう。そうすれば、あなたの片思い活動もはかどります。

【実践編】成功率が高い!LINEでのデートの誘い方

最初に理由をつける

デートに誘うときは、何かデートに誘う理由があると受け入れやすくなります。デート理由に納得できると、良い返事をしてくれる可能性も高くなるのです。

たとえば【来週デートしませんか?】とざっくり誘うと、彼は驚きます。そこにどんな意図や理由があるのかわからず、返事に躊躇してしまうのです。

【〇〇なのでデートしませんか?】と理由をつけるだけで、彼は納得してくれます。それが成功率の高さにつながるでしょう。

デートをする理由には以下のようなことがあります。ぜひ参考にして、デートを誘う口実として付け加えるようにしてください。

【LINE例】

  • 食事【美味しいお店を見つけたから食べにいかない?】
  • 相談【〇〇くんに相談したいことがあるんだけどランチできる?】
  • 1人では入りにくい【焼肉が食べたいけど1人で行く勇気がなくて、一緒に行ってくれない?】
  • イベント【地元のお祭があるんだけど、一緒に参加しない?】

先にデートよりも難易度の高いお願いをする

デートに誘うときは、心理学にある『ドア・イン・ザ・フェイス』が有効です。大きなお願いを先にすることで、小さなお願いが通りやすくなるという方法になります。

1度もデートをしたことのない相手に『飲みに行こう!』と誘われると躊躇してしまうものです。ハードルが高いように感じて断ってしまうでしょう。

しかし『今度旅行に行かない?』『ダメなら近場で飲もうよ!』と言われると印象が変わりますよね。旅行から飲みにハードルが下がったことで、受け入れやすくなるのです。

彼にデートに誘うときも、まずは無茶なお願いをします。その後に『だったら…』とハードルを下げるようにしてデートに誘ってみてください。

答えやすい2択で選択してもらう

『デートしない?』と誘うと、彼は返答に悩んでしまいます。そこで彼が明確に返答しやすい2択を投げかけてみましょう。

【ランチとディナーどっちがいい?】
【和食とイタリアンどっちが好き?】
【洋画と邦画どっちが観たい?】

強引にも感じますが、デートに行く前提で話を進めてみてください。彼の返答に応じて、【じゃあ〇〇に決定だね!】と嬉しそうにするとデートにつながっていきます。

彼の趣味趣向に合わせて誘う

あなたからデートに誘うのであれば、彼の趣味趣向に合わせて誘いましょう。その中でも一番良い方法は便乗型です。

まずはLINEのやりとりで彼が今興味のあるものやはまっていることを聞き出します。彼が教えてくれたら【それ私も興味ある!】と便乗するのです。

その流れで【じゃあ今度教えてもらおうかな~】【次は一緒に行ってもいい?】と自然にデートに誘います。彼は自分が好きなことなので、デートも受け入れてくれるでしょう。

気軽に使えるドタお誘い

なかなかデートに誘う勇気が出ない人は、ドタお誘いがおすすめです。ドタお誘いは、気軽に誘うことができるので、成功しなかった場合のダメージも少なくすみます。

ドタお誘いとは、『ドタキャンされたことで急遽予定が空いた』ことによるお誘いです。勢いで誘うことができて、彼も気軽に受け取ることができます。

【明日友達にドタキャンされた~!予定空いていたらご飯行かない?】
【今日の映画がリスケに!涙!急だけど一緒に映画行ってくれたら嬉しい!】

突然のお誘いになるのでダメでも【そうだよね。突然ごめんね~。】と軽く流せます。もし彼が別日を提案してくれれば、そのままデートが実現できるのです。

ある程度の具体性をもたせる

好きな彼をデートに誘うときは、気を遣ってしまいます。彼の予定や都合ばかりを考えてしまい、結果としてデートが実現しないこともあるでしょう。

【来月のどこか】や【いつでも大丈夫】という曖昧な誘い方は避けてください。ある程度デートに具体性をもたせて、自分から提案することも大切です。

ただし最初に話したように、あまりに具体的であると業務連絡のように感じます。また一方的に感じられてしまうと、配慮に欠けていると思われてしまいます。

【来週の〇曜日か〇曜日空いていたら食事どうかな?】
【毎週〇曜日は早く仕事終わるんだけど、〇〇くんの予定はどう?】

限定するわけではなくても、具体的な曜日をいくつか提示してください。そうすることでデートも実現しやすくなります。

【上級編】モテ女が使うデートを誘うときに使うテクニックとは?

何気ない『不意打ちLINE』でドキッとさせる

デートに誘うとき、そもそもLINEのやりとりをしていないと誘いにくいですよね。何かきっかけを見つけてLINEをしなくてはと考えるでしょう。

しかしモテ女は、わざわざきっかけを考えません。不意打ちにLINEを送ることで、男性をドキッとさせることができるのです。

【今何しているの?】
【最近どう?】

あまりに唐突なLINEに、何かつかめない魅力のようなものを感じます。頻繁にはできませんが、困ったときには不意打ちLINEをしてみましょう。

急な『独り言LINE』でキュンとさせる

デートに誘う時の注意で、駆け引きはNGだと紹介しました。しかし駆け引きではない独り言は、男性をキュンとさせる材料になります。

【こんにちは。今日も寒い~!そろそろお鍋の季節だね!】
【お疲れ様!今日は残業デー…仕事から解放されたい今日このごろです。】

突然のあなたの独り言に対して、少しでも興味があれば食いついてくれるでしょう。そこで可愛くデートに誘えるようにしてください。

可愛く『おねだりLINE』で虜にさせる

男性は女性に頼られると断ることができません。デートのお誘いも可愛くおねだりするように伝えれば、彼から断りの言葉が返信されることはないでしょう。

【〇〇くんと一緒に行きたいお店があるんだけど…来週とかダメかな?】
【1人じゃパソコン選べなくて、〇〇くんも一緒に選らんでくれない?】

『誘われている』というよりも『おねだりされている』ような感覚です。可愛さで虜にさせれば、デートへの成功率も格段にアップするでしょう。

【例文】女性から男性にデートを誘うLINE

レベル1

【おすすめのお店があるんだけど、一緒に行かない?】
【近所に新しくできた定食屋さんがあるんだけど、一緒にランチしませんか?】
【〇〇が言ってた系列店見つけたから、来週一緒に食べに行こうよ!】

友達に誘うのと同じテンションで誘う方法です。好意がばれないで、気軽に誘うことができるでしょう。どれも彼にとって興味のあることを織り交ぜてください。

レベル2

【〇〇が好きなイタリアンの美味しいところ見つけたよ!一緒にどう?】
【〇〇が観たいって言っていた映画が〇〇で上映してるみたい!来週あたり観に行こう!】

レベル2では、友達以上の気持ちがあることを知ってもらいます。あなただから特別にリサーチして誘っているということが伝わるようにしてください。

レベル3

【どうしても1人じゃ入れないお店があるから、一緒についてきて?】
【〇〇くんと一緒に食べたいものがあるんだけど来週末空いている?】
【〇〇くんに聞いてほしい悩みがあるんだけど時間とれる?】

レベル3は彼への特別な気持ちを知ってもらいます。『あなただから』誘っているということを伝えて、彼にも特別感を認識させるようにしてください。

レベル4

【〇〇の方のドライブが今の時期最高らしい!一緒に見に行かない?】
【会社の近く飲みや開拓をしたいんだけど、付き合って?】

レベル4になると、『食事』『映画』などの単発デートではありません。もっと時間も期間もかけていくようなデートの誘い方になります。

デートに断られてしまったときは?

重くならないように流す

タイミングによってはデートを断られてしまうこともあります。中にはドタキャンされるような場合もあるでしょう。しかしピンチこそチャンスに変える必要があります。

断られてしまうのはショックなことです。気持ちが重くなり、理由を問いたくもなるでしょう。しかし彼にも事情があるのですから、あまり重くならないように流してください。

【楽しみにしていたから残念!…だけど〇〇くんも仕事で大変だもんね!無理しないでね!】
【〇〇くんと会いたかったな~。でも仕方ないね!身体に気をつけてね!】

残念な思いは素直に伝えつつも、すぐに切り替えることが大切です。そして最後に彼を気遣う言葉を付け足してください。

次につながるLINEか見極める

彼にデートを断られた場合、『多忙で予定あり』なのか『脈なし』なのかを見極めてください。次にデートにつながる内容のLINEであれば、諦める必要はありません。

これを見極めるポイントは、『代替え案があるか』です。デートに断られた場合でも【来週なら空いているよ】【来月は仕事が落ち着くよ】と代替えがあれば、脈ありの可能性が大きいでしょう。

反対に【今月は忙しい】【しばらく無理そう】など代替えもなく断られた場合は、デートは諦めた方が良いと言えます。

しばらく連絡をやめてみる

デートに誘うことは、あなたの好意が伝わる手段でもあります。つまりデートを断られるということは、あなたの気持ちを断ることと同じだと考えられるでしょう。

デートが実現しなかったときは、しばらく連絡をやめてみてください。距離をおくことで、自分の気持ちと彼の気持ちが整理できるようにしましょう。

もし再度誘うとすれば、最低でも半年は期間を空けてください。2人の関係に変化がない限りは、人の気持ちは簡単には変わりません。期間をおいて再度チャレンジしてみましょう。

今まで通りに接する

勇気を出して誘ったデートに断られてしまうとショックで落ち込みますよね。しかし彼の方も断ったことへの罪悪感や気まずさがあるのです。

顔を合わせることがあれば彼を避けたり無視したりはせず、今まで通りに接してください。何も変わらないあなたを見て、彼は安心することができます。

デートに断られても、そこから逆転するチャンスはあるのです。そのためにも彼の前では動じずに平常心で接するようにしましょう。

まとめ

片思いの彼をデートに誘うのは、とても勇気のいることです。LINEであれば誘いやすいですが、彼の表情が見えないことで不安も感じてしまうでしょう。

しかし女性にデートに誘われて嫌な気持ちになる男性はいません。少なからず男性は喜びを感じてくれますので、恐れる必要はないのです。

デートの誘いを成功させるには、タイミングと誘い方を考える必要があります。あなたの都合だけで突っ走らないように、彼の様子を伺いながら誘うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代後半女性です。職場にいる片思いの彼と付き合うことができた経験をサイトに記録しています。「片思いは待っていても意味があるのかな」と不安になりますよね。1人でも片思いに悩んでいる女性が報われるように、私の経験を生かしてもらえれば嬉しいです。